目立たない矯正でこっそり綺麗になる!治療方法は自由に選べる

ロゴ

歯医者が行なっている治療内容

矯正治療と言っても治療方法は様々です。マウスピース矯正であれば比較的簡単に治療できますが時間がかかります。インプラントを利用して治療すると期間は短くて済みますが手術が必要であったり顎の状態によっては施術できなかったりすることもあります。自分の目指すところをかけられるお金、時間で内容は変わるのでしっかりと歯科医で相談しましょう。

矯正歯科と審美歯科の違いを比較!

歯を並べることが目的

矯正歯科の目的は歯並びをよくして噛み合わせの改善を図ったり、歯磨きのしやすい環境を作ったりすることです。保険適用が可能な範囲もありますがその分だけできる治療は最低限のものに限られます。見た目の美しさまで追求しようとすると保険適用外となり思わぬ費用がかさんでしまう原因になります。

歯を綺麗に見せることが目的

審美歯科は歯を綺麗に見せることが目的です。矯正治療の段階からそこが念頭に置かれているので歯に矯正器具の後が付かないように配慮してくれたり、同時進行でホワイトニングを行ってくれたりします。矯正歯科に比べて金額が高くなる傾向にありますが並んだ歯が白く光る美しさには魅力があります。

矯正治療を受けるのに必要な費用

方法や歯の状態によって異なりますが保険適用されない場合で100万円程度と言われています。多くの費用は矯正器具代ですがそれなりの頻度で矯正歯科に通わなければなりません。歯の動くスピードは人それぞれであり、経過観察の期間が長くなれば診察代も増えていきます。心配な方は治療を始める前に歯医者で具体的な治療法と期間、かかる費用の目安を見積もってもらいましょう。

利用者がおすすめする矯正歯科で受けられる治療法ランキング

歯科医
no.1

マウスピース矯正

取り外し可能なマウスピースで矯正を行うため口内のメンテナンスが一番しやすい方法です。薄くて透明なものを使うので矯正していても見た目がほとんど変わりません。治療できる症状が限定されており全てに使えるわけではありませんが自分の治療に使えるかは一度確認してみて損はありません。

no.2

審美ブラケット

歯の表側に着けるブラケットですが金属ブラケットとは異なり白や透明なものを使うので金属よりは目立たなくなります。症状を選ばず様々なタイプに対応できるので汎用性の高い治療法になります。金属ブラケットを使わないので金属アレルギーの人でも着用可能です。

no.3

裏側から矯正

ブラケットを歯の裏から装着して治療を行います。表に器具が出ないので周りの人からは気付かれにくい治療法です。重ねて表側よりも虫歯になりにくいと言われています。内側に器具をつけるので慣れるまでは舌がうまく動かせず発音がしにくい場合があります。

体の負担も大幅に軽減!歯科矯正のメリットは歯並びだけじゃない

治療器具

歯並びをよくすることで得られるメリット

歯並びを整えたい人の多くが見た目をよくすることを目的にしていますがそれ以外にも効果があります。まず噛み合わせの悪さが解消されるとしっかりと咀嚼できるようになり、それだけでも消化器官への負担を減らすことができます。歯ぎしりで歯がすり減ることに悩んでいる方にもおすすめです。また、歯ブラシの当たらない箇所を減らすことができるので歯垢が溜まりにくく虫歯予防にも一役買います。しっかり並んだ状態であればホワイトニングの溶液も届きやすく白くするのも簡単です。

東京で好評な矯正歯科医院☆

広告募集中